歯を失ったら、放置せずに早めに治療を受けましょう

歯を失った方への選択肢

歯を失ったら、放置せずに早めに治療を受けましょう

虫歯歯周病、事故などで歯を失ってしまったら、失った部分を放置することなく、早めに補綴(ほてつ)治療を受けるようにしましょう。歯がない部分があると、周辺の歯が倒れこんできたり、咬み合う歯が伸びてきたりと、歯列を大きく乱す原因となります。

横浜市港南区上永谷の歯医者「秀島歯科医院」では、補綴治療として、入れ歯・ブリッジ・インプラントに対応しています。患者様ごとに最適な治療法をご提案しますので、まずは、歯を失ってお困りの方は、お気軽にご相談ください。

歯を失った際の選択肢

現在、歯を失った際の選択肢として、入れ歯、ブリッジ、インプラントの3つの治療法を選択できます。それぞれの治療法には特徴やメリット・デメリットがあります。

入れ歯・ブリッジ・インプラントそれぞれの違い
  入れ歯 ブリッジ インプラント
入れ歯・ブリッジ・インプラントそれぞれの違い 入れ歯・ブリッジ・インプラントそれぞれの違い 入れ歯・ブリッジ・インプラントそれぞれの違い
特徴 歯型を採取して、取り外し可能な人工歯を作成する治療法 歯を失った両隣の歯へ橋をかけるように人工歯を固定する治療法 歯を失った顎の骨に、ボルト状の人工歯根を埋め込み、上部に人工歯を取り付ける治療法
メリット
  • 保険が適用できる(安価)
  • 1ヶ月程度と短期間で完成
  • 固定式で違和感がない
  • 保険が適用できるケースもある
  • 比較的短期間で完成
  • 見た目に美しい仕上がり
  • 天然歯のように咬める力が復活する
  • 1本からの治療が可能
  • 周囲の歯へ負担をかけない
デメリット
  • 咬む力の回復力が低い
  • 慣れるまで違和感がある
  • 顎の骨が痩せやすい
  • 見た目に不自然
  • 健康な両隣の歯を大きく削る
  • 両隣の歯へ負担がかかる
  • ブリッジの下に食べかすが溜まりやすい
  • 外科手術が必要
  • 保険適用外のため治療費が高額
  • 治療期間が半年から1年と長い
  • インプラント周囲炎予防のため、継続したメインテナンスが必要

保険診療の入れ歯と自費診療の入れ歯

入れ歯を作る場合には、保険で作るものと、自費で作るもののいずれかをお選びいただけます。大きな違いは、保険診療では採用できる素材が限られているという点。その他にも、次のような点で、保険診療と自費診療で異なる点がありますので、入れ歯作りをご検討中の方は、それぞれの特徴を理解しておきましょう。

保険と自費の違い
  保険診療 自費診療
保険診療 自費診療
素材 歯科用プラスチック(レジン)に限定され、部分入れ歯の場合は、金属バネのあるものとなる 金属やシリコンはじめ、さまざまな新素材の中から選べる。自分に合った入れ歯作りができる
使用感 素材の性質から、口腔粘膜に当たる部分である「床」に厚みがあり、慣れるまでは異物感がある。咬む力も十分に回復しにくい 使用感を再優先にした入れ歯づくりができる
審美性 見た目に不自然で、入れ歯とすぐわかる 入れ歯とわかりにくい、自然な仕上がりを得られる
製作期間 早ければ1ヶ月で完成する 素材や入れ歯の種類によって、製作期間が異なる。保険の入れ歯より長くなりがち
修理 壊れやすいが修理しやすい 頑丈だが修理しにくいものもある
価格 保険適用のため安価 保険適用外のため高額になりがち

当院の入れ歯の種類

ノンクラスプデンチャー(自費)
ノンクラスプデンチャー(自費) 特徴 弾力性のある特殊な樹脂を使用し、金属バネ(クラスプ)がない部分入れ歯
メリット
  • 見た目に入れ歯とわかりにくく自然
  • 周囲の健康な歯への負担が少ない
  • 壊れにくい
  • 金属不使用でアレルギーの心配がない
デメリット
  • 歯がない場所によっては使用できない
  • 温度変化に弱い素材なので取り扱いに注意が必要
金属床義歯(自費)
金属床義歯(自費) 特徴 床に金属を使用した、薄く軽い入れ歯。
メリット
  • 使用感がいい
  • 装着時の違和感が少ない
  • 熱伝導性が高く、食べ物の温度を感じやすい
  • 壊れにくい
デメリット
  • 金属アレルギーの心配があると採用できない
  • 自費診療で比較的高額
  • 修理が難しい

インプラントとは?

インプラントとは?

インプラントは、歯を失った部分の顎の骨に、ボルト状の人工歯根(インプラント)を埋め込み、上部に人工歯を取り付ける治療法。人工歯根は生体親和性が高いチタン製で、しっかり顎の骨と結合すれば、天然歯と同等の咬む力を取り戻せます。上部に装着する人工歯にセラミック(陶材)を採用すれば、天然歯と遜色ない美しさが手に入り、どの歯を治療したか、見分けがつかない仕上がりとなります。

インプラント治療の流れ

STEP1.	カウンセリング
患者様のお口のお悩みや、治療に関するご要望をしっかりおうかがいします。基本的なインプラント治療の進め方や費用等についても、ご説明もいたします。重度糖尿病の方は、インプラント治療を受けられませんので、あらかじめご了承ください。

arrow

STEP2.	検査・診断
患者様のお口の状態を、さまざまな方法で検査・診断いたします。視診・触診はじめ、レントゲン撮影、健康状態の確認などを行います。検査結果や採取したデータから、患者様にとってインプラント治療が最適な方法かどうか、じっくり検討し、診断いたします。

arrow

STEP3.	インフォームドコンセント
検査・診断の結果と、今後の治療方針についてわかりやすくご説明します。患者様自身に、治療内容をご理解いただき、同意いただけましたら、治療を開始します。

arrow

STEP4.	外科手術
安全性を再優先に、しっかりと事前シミュレーションを行ったのち、手術を行います。麻酔後、歯ぐきを切開し、人工歯根を顎の骨にドリルで埋め込みます。埋入角度や深さを誤らないよう、手術のために作製した専用ガイドを用います。

arrow

STEP5.	治癒期間
顎の骨とチタン製の人工歯根が結合するのを待つ期間です。治療方法や埋入場所、患者様の治癒力によって期間は異なります。

arrow

STEP6.	人工歯の作製・装着
顎の骨と人工歯根の結合が確認できたら、歯型を採取し人工歯を作製します。人工歯完成後に装着すれば治療は終了です。

arrow

STEP7	メインテナンス
インプラント治療後は、歯周病にも似た、インプラント周囲炎を起こしやすいため、定期的なメインテナンスが不可欠です。歯科医院でのプロケアと、日々のブラッシングなどセルフケアを並行して行います。

インプラント治療では外科手術を伴うため、持病があると治療を受けられないケースもあります。当院では、患者様のライフスタイルや健康状態に応じて、最適な補綴治療をご提案します。気になる治療法がありましたら、お気軽にご相談ください。

当院の所在地や診療時間をご紹介しています
秀島歯科医院へのアクセスはこちら

page top