日本人の多くを悩ませるお口の感染症「歯周病」

日本人の多くを悩ませるお口の感染症「歯周病」

歯周病は、歯ぐきに腫れや炎症を引き起こすお口の病気。かつては重度のものを歯槽膿漏(しそうのうろう)と呼んでいましたが、近年は軽度の歯周炎から重度のものまで総称して「歯周病」と呼ばれています。

歯周病を発症すると、知らない間に進行し、放置すると歯を支える顎の骨まで溶かされ、歯が抜け落ちてしまうこともあります。横浜市港南区上永谷の歯医者「秀島歯科医院」では、軽度から重度まで歯周病をきちんと丁寧に治療いたします。お口に異変を感じたらお早めに当院へご相談ください。

日本人の成人の5人に4人が歯周病!?

日本人の成人の5人に4人が歯周病!?

日本人の成人のうち、約8割が歯周病に罹患しているか、その予備軍であると考えられています。歯周病菌は、虫歯と同様にプラーク(歯垢)内に潜んでいます。感染症ですので、一度症状が出ると、治療しても再発しやすい病気です。さらに、歯周病菌がさまざまな全身疾患(心臓病・脳血管障害・糖尿病・誤嚥性肺炎)の原因となることも判明しています。妊娠中の方が歯周病を発症すると、早産・低体重児出産を引き起こすこともありますので、できるだけ早めのケアで未然に防ぎましょう。

歯周病の進行と症状

歯周病の進行具合は、歯と歯ぐきの間の溝にある「歯周ポケット」の深さを目安に診断されます。重度になるまで自覚症状がほとんどないため、「自分は大丈夫」と思っていても、静かに進行しているケースがあります。最終的に歯を失ってしまうと、入れ歯やインプラントなどの治療が必要となることもありますので、早期発見・早期治療で、重症化しないうちの治療が肝心です。

歯肉炎 軽度歯周炎 中等度歯周炎 重度歯周炎
歯肉炎 軽度歯周炎 中等度歯周炎 重度歯周炎
歯ぐきに軽く炎症が起きています。ブラッシング時に出血などが見られます。 ブラッシング時の出血のほか、歯ぐきに腫れがあります。顎の骨が溶かされ始めています。冷たいものを口にするとしみ、口臭が出始めます。 顎の骨が半分ほど溶かされ、歯を指や舌で触るとグラつき、出血や腫れが見られます。歯が浮くような感覚があることも。口臭が強くなります。 顎の骨が、3分の2以上溶かされている状態。歯のグラつきがひどく、いつ抜けてもおかしくありません。膿が出たり、口臭がひどくなったりします。
歯周ポケットの深さ
3mm程度
歯周ポケットの深さ
4mm程度
歯周ポケットの深さ
6mm程度
歯周ポケットの深さ
8mm程度

歯周病の治療について

歯周病の治療では、歯石を取り除くことが大きな方法となります。歯石は歯周病菌が潜むプラークが石灰化したもので、表面がガザガザしているため、さらなるプラークを形成する悪循環となります。歯石はブラッシングでは落とせないものですので、歯科医院での処置が不可欠です。

初期の歯周病治療~スケーリング~

初期の歯周病治療~スケーリング~

歯の表面や歯周ポケットに付着した歯石を「スケーラー」と呼ばれる専用器具で取り除きます。病原菌が潜むプラークと、それを引き寄せる歯石を取り除くことで、お口の中から歯周病菌を減らします。スケーリング後は、毎日のブラッシングでプラークを溜めないことが重要です。

重度の歯周病治療

重度の歯周病治療

重度の歯周病には、外科的処置を行わなくてはならないことがあります。麻酔を施して歯ぐきを切開し、歯周ポケット奥深くに付着した歯石を取り除きます。他にも感染している歯肉など歯周組織をしっかり取り除きます。損なわれた顎の骨の量が多い場合は、骨の再生を図る「再生治療」を行うことがあります。
※重度歯周病治療は自費診療となるケースがあります。インフォームドコンセント(説明と同意)を重視する当院では、事前にしっかり説明させていただいたうえで治療を開始しますので、ご安心ください。わからないことや気になることがありましたら、お気軽にお問い合わせください。

歯周病治療後はメインテナンスを続けましょう

【歯周病治療後はメインテナンスを続けましょう】

歯周病は感染症ですので、治療後も再発することが多いのが特徴です。免疫力とも相関があり、体力が低下しているときなどに発症リスクが高まります。歯周病は治療も予防も、プラークコントロールが肝心。セルフケアであるブラッシングを毎日丁寧に行うことに加え、歯科医院での専門的なクリーニングを受けましょう。当院では、予防歯科で歯周病の予防処置を行っています。

歯周病の治療後は予防でしっかりコントロールを予防歯科

page top