お口のトラブル、「治療」ではなく「予防」の意識を高めましょう

お口のトラブル、「治療」ではなく「予防」の意識を高めましょう

歯科医院に通院するきっかけは、「お口にトラブルが出てから」という方が多いようです。しかし実際は、虫歯歯周病などの症状が出てからでは遅いのです。特に虫歯で天然の歯を削る処置は、歯の寿命を縮めてしまいます。虫歯や歯周病は、そのメカニズムが解明されている病気。予防歯科での適切な処置で、発症を未然に防ぐように心がけましょう。

横浜市港南区上永谷の歯医者「秀島歯科医院」では、患者様がいつまでも歯を健康に保ち、快適な生活を送れるよう、予防歯科に力を入れています。これまで「治療」で来院されていた方も、ぜひ、「予防」を目的にお越しください。当院での治療後は再発防止のためにメインテナンスでご来院いただくようおすすめしています。

痛くなくても歯医者に通う習慣を

痛くなくても歯医者に通う習慣を

虫歯や歯周病予防のために大切なのは、病原菌が住み着くプラーク(歯垢)をお口に溜めないこと。しかし、毎日のセルフケアだけでは、みがき残しをゼロにするのは難しいのです。さまざまなセルフデンタルケア方法が普及しつつありますが、いずれも、歯科医院でのプロケアと組み合わせるとさらに効果が高くなります。特に、プラークが石灰化した歯石は、ブラッシングだけでは落としきれませんので、歯科医院で専門的な処置を受けましょう。

海外と日本の予防意識の違い

予防のための歯科受診が浸透している、スウェーデン、アメリカ、イギリス。これら歯科先進国と日本のデータを比較すると、予防に効果があることがはっきりと見てとれます。以下の調査結果は、80歳時点の平均残存歯数を比べたものです。

  定期検診を受けている割合 80歳時点の平均残存歯数
スウェーデン 90% 20本
アメリカ 80% 17本
イギリス 70% 15本
日本 2% 8本

予防意識が高い国と日本を比較すると、平均残存歯数に倍以上の開きがあります。日本では保険診療により、安い費用で治療が受けられることが裏目に出ているという意見すらあります。「虫歯は治せばいい」という考え方では、天然の歯を失う本数が増え、ひいてはお口の寿命を縮めることになります。歯科医療現場からは、患者様には、「治す」ではなく「予防する」という意識を持っていただきたいと強く願っています。

予防歯科のメリット

メリット1	さまざまな負担軽減につながる
お口のトラブルは重症化するほど、治療に時間や費用、痛みが伴います。これら時間的負担、金銭的負担、身体的負担を最小限に抑えるためにも、ひどくなる前の予防が肝要です。
メリット2	痛みのない処置でお口の中がさっぱりする
予防歯科で行う処置は、どれも痛みを伴わないものです。PMTCなどの予防処置でお口の中から歯石やプラークを除去し、病原菌を減らすことができると、さっぱりとした感覚が手に入ります。

PMTC~Professional Mechanical Tooth Cleaning~

  • PMTC~Professional Mechanical Tooth Cleaning~
  • PMTC~Professional Mechanical Tooth Cleaning~
  • PMTC~Professional Mechanical Tooth Cleaning~
  • PMTC~Professional Mechanical Tooth Cleaning~
  • PMTC~Professional Mechanical Tooth Cleaning~

予防歯科で行う処置の代表的なものが、歯科医院の専門家の手で専用器具を使って行われる歯のクリーニングです。毎日のセルフケアでは落としきれない汚れや、病原菌の住処であるプラーク、バイオフィルムを徹底的に除去し、ツルツルにみがき上げます。汚れの再付着も少なくなるため予防に効果的です。

定期検診の重要性

定期検診の重要性

予防のカギを握るのが、虫歯や歯周病などトラブルの早期発見・早期治療。そのためには、定期的に歯の専門家にお口の中をチェックしてもらえる「定期検診」を利用しましょう。当院では、治療後のメインテナンスとしても、定期検診の受診をおすすめしています。

当院の所在地や連絡先、アクセス方法はこちらをご覧ください医院情報・アクセス

page top